前へ
次へ

大学入試は、予備校では無く学習塾も選択肢

高校卒業し、大学入試で受験に失敗した人の中には、予備校に通われる人も多くいるでしょう。
基本的に、予備校と学習塾には違いが存在します。
予備校は、個人に対して、授業を指導する意味合いよりも、希望の大学に入るための傾向と対策のニアンスが強く、高校レベルの授業内容は、理解している前提で講義をする傾向が強くあるのです。
そのため、予備校の授業内容についていけず、途中で挫折してしまう人も存在します。
学習塾は、高校まで学ぶ塾として、自分よりも年下の生徒と学ぶ恥ずかしさなどあるかもしれませんが、学習内容の理解力を高めるために選択肢の一つでもあるでしょう。
学習塾も、学んでいる生徒に希望の大学に入学させたい話でもあり、ある程度は情報として、予備校で受ける講義内容に匹敵する傾向と対策についても知っている可能性があるはず。
予備校よりも学習塾の方が費用を抑えられる傾向も高く、経済的負担も軽減できるでしょう。
一般的に塾は、夕方から行われる場合もあり、アルバイトを行いながらでも通えるはずです。

Page Top