前へ
次へ

学習塾選びは子供の目的に合わせて選ぶこと

学習塾と一口にいっても、ふたを開けてみるといくつかのタイプがあります。
進学塾は一般重視の受験対策向けですし、総合塾は受験対策と学校のフォト―併設、補習塾は学校のフォロー向けです。
高校や大学受験を一般入試で目指すなら、総合塾や進学塾では入試のために、必要で綿密なカリキュラムを用意しています。
進学をする際には推薦入試を考えている場合は、定期テストなど学校での試験への対策に対応してくれる学習塾を選ぶことです。
補習塾の場合は、習い事や部活動に力を入れている子供向けであり、授業だけでは不足する部分のフォローアップになります。
勉強をするにあたり一体何を目的とするのか、そこにスポットを当てることで、選ぶべき塾のスタイルも異なるというわけです。
よくテレビCMで見るからとか、チラシがポストに入っているからとか、何となくで選ぶべきではありません。
有名か無名か大手なのか個人塾なのか、スタイルは色々ありますが、まずは子供の目的を考えることから学習塾選びは始まります。

Page Top